これまで見たもの備忘録

日本や韓国のドラマ&映画の感想など。(ネタバレ有)

MENU

恋なんて、本気でやってどうするの?

柊磨よ、あそこでマスク外す意味がわからん。

仕事で接客しただけの異性が酔っ払って足元危ないからって腰にまで手回す?

ずっと1人で頑張ってきたんですね、どうしても1人でいたくない時は〜とか、あの関係性の店員に言われたら普通に引く。

二次会のあとの慰め方も、元気ない女は抱いときゃ復活するとでも思っとんかね…。処女の純にはハードル高すぎる。

柊磨に抱いてもらって翌朝本命に再アタックするだの言ってた女、どっかで見たことあると思ったらきぬちゃんだったの…。どうりで。稔さんときぬちゃんね…。(有識者SNS情報ありがてぇ)

 

そして純の友人たち。

本人が乗り気じゃないのにすぐ恋愛を押し付けるのも今の時代に合わなくて違和感。

ドラマ名でツイッター検索したら候補に「脚本」出てきて、突っ込みたくなったの私だけじゃないんだなーと楽しむなどしてみたり。

 

そうそう。アリスちゃんの全力ブルゾンちえみネタは素晴らしかったんだけど、そもそも今この2022年のドラマ内で唯一見せる二次会余興がそれなのかい?っていう時代錯誤感。

ほんとこれはときめくよりも実況したくなるドラマだった。

 

…えっ、待って。

今、ブログ記事用にいろいろ検索してて初めて知ったんだけど、ネイルサロンの先輩、香椎由宇だったの?????

香椎由宇の良さ殺してない?えっ?私が気づいてないだけ?

 

 

純もアリサも、日常に新しい異性が入ってきて刺激的な時期だよなぁ。

響子はまだそこまで距離感縮まってる感じはしないけど、現実はあれぐらいのスピードよね。うん。

西野七瀬、絶対はまらないと思ってた主婦役が意外としっくりきはじめた。

本人の落ち着いた雰囲気が、既婚者の空気感とマッチしたのかなぁ。

 

若干投げやりともとれる赤ペン瀧川さんのコメントがツボ。

 

 

 


 

ktv-smart.jp