これまで見たもの備忘録

日本や韓国のドラマ&映画の感想など。(ネタバレ有)

MENU

今週のお題「もしもの備え」/30代に突入しました

今週のお題「もしもの備え」

幼少のころは阪神・淡路大震災

つい2年前も大雨災害やら地震やらが近くで起こって

防災用のリュックとか用意しとかなきゃだな…と

いつも、報道などを見て思うは思うんですが

普段、この狭い部屋のどこに置いとこうかとか

ちょっと高いな…とか、今までは大丈夫だったしな…とか思ってしまって

結局、まともに備えられてはいません。

防災用のリュックもいろいろ売ってるけど、種類がありすぎて

どのグッズがそろってればひとまず安心なのかもわからないし。

そりゃ調べればいいんですけどね。自分の身は自分で守らなきゃだし。

 

とりえあず自分の部屋の中に2リットルの水数本と

レトルト食品は常備してます。

ただ、それは非常用じゃなくて、普通に自分の日々の食料として。

ないよりはましかな程度。

ちゃんそ備えなきゃな…。

 

 

先日、30歳の誕生日を迎えました。

数年前から「30歳までには、30歳までには…」って

いろいろそわそわしてたんですが

周りからの応援もあり(?)

無事、20代を卒業して30代に突入できました。

ってことで、何となくここ最近のことや

30代初めての誕生日の過ごし方を残しておこうと思います。

誰得でもないと思いますが、自分の記録としてせっかくなので。

 

20代、仕事もいくつか変わったし

その中で非正規から、ありがたいことに正社員にもなれたし

何度か引っ越しを繰り返しながら

やっとこさコスパのいいお部屋も見つけて

快適に1人暮らし続けられてるし

職場にも恵まれて、大きなストレスはありません。

ただ…。

 

結婚願望はあるのに

結婚適齢なのに結婚相手はおろか

20代後半はずーっとフリーでした。

まあ、そのほうが自分の時間を好きに使えるし

出費も抑えられるし、いいことも多いのだけど。

だけど、気付いたら周りがどんどん結婚&出産し始めて

あの子は私より遅いだろうって勝手に思ってた子にも先を越され

ちょっと焦り始めました。

自分は家事も苦手だし特別かわいいわけじゃないし

仕事がばりばりできて収入が多いわけでもない。

相手にとっての取り柄がないから

結婚したいという気持ちと、20代という年齢でいくしかないのか。

ということで、20代後半からちまちま婚活アプリを

やってはやめ、やってはやめを繰り返していたんですが

まともに異性と付き合ったことなく

ましてや人見知りな自分が

初対面の異性と関係を深められるわけもなく。

メッセージやり取りして、何人か会ってみたりしたけど

初対面だから、会話のリズムとか気を使っちゃって

2回目会おうっていう気持ちにならない。

お世辞なのか何なのか

次も会いましょうって連絡をくれる人もいたけど

休日の時間を割いて、また疲れにいくのかと思うと乗り気になれず。

でも、このままじゃ

家と職場の往復だけで出会いもないしだめだってことで

28歳のころ、意を決して…。

 

結婚相談所へ

29歳以下は紹介できる異性も多いから

担当の仕事が多少減る分を還元してるんですとか言って

若干割安で入れました。

結婚相談所って年増の人が入るイメージだったけど

やっぱ20代に始めといてよかった…なんて。

 

だけどやっぱりだめでした。

主に精力的に活動してたのは半年弱ぐらいかな?

たくさん紹介してもらって20人ぐらいは実際に会ってみたかな?

その中には複数回会った人もいたけど

その人と、よそよそしい雰囲気が取れる気がしない。

 

というか

相手が馴れ馴れしくなってきたらどうしようとか考えたり。

このままじゃだめだと思って担当にも相談してみたけど

私、昔から人に頼るのが苦手でうまく相談できなくて

返してもらったアドバイスも、素直に聞き入れらればいいけど

自分の中でああだこうだ言い訳つけてやめちゃう。

 

結婚したい気持ちはある。

普段ドラマとかで恋愛もの見るの大好きだし

こういう彼氏欲しいな~とか思ったりするし

高齢の親に自分の結婚する姿見せて安心させたいなって思うし

いずれは孫も見せてあげたいし

自分の家庭作りたいなって思うし

老後、孤独死するの嫌だなって思うし。

 

だけど、本当に私は異性を求めてるのかって気持ちにもなった。

構ってほしいし、話聞いてほしいし

人並みのデートもしたいんだけど

今自分の生活に、異性を受け入れられるかって言われたら

自信がない。

平日も休日も自分のスケジュールで埋まってる。

どこか空白の時間があっても、とりだめしたドラマを消化するから

デートしたり、相手と電話したりする時間がない。

今の生活ペースが一番自分にとってストレスフリーだから

乱されたくないってどこかで思ってる。

 

しかも、「やってほしい」ばっかりで

相手に「やってあげたい」がないんだよね、私の中に。

こりゃだめだ…って気付いて

このまま続けてても、紹介してもらう相手に申し訳ないなと思い

退会しました。

 

だから

30までに結婚するっていうぼやっとした夢はかなわなかったけど

自業自得だなって納得してます。

 

そうして近づいてくる20代最後の日。

誕生日2日前に同僚から

「1日早いけど明日誕プレ持ってくね」と連絡が来て

急にそわそわし始めました。

明日で20代最後か。どうしよう。どうしよう。

いや、どうせ仕事の日だし何もできないけど。

 

あまりに気持ちが落ち着かなくて、一足早く三十路になった友達に

そわそわしてるって伝えてみたりして。

でも、前々からいろんな人に聞いてみても

いざ30になってみたら何も変わらんよって言われてたし

まあ、実際は何が変わるわけでもないんだろうなとも

頭では理解してるつもりでした。

 

そして、誕生日。

友達や親から連絡をもらってうれしかったのだけど

普段見るだけで自分からほぼ発言しないグループトークでも

なぜか私の誕生日が知られていて

優しい祝福の言葉がたくさん。

いや、これは想定外だ。

なんかこれで気分が高揚しちゃった気がします。てへ。

 

当日は仕事もお休みもらってたので

まずは髪を切ってもらいにいきました。

まあ、これは誕生日だからではなくたまたまなんですが。

そこからが問題。

早めにカットが終わったのでぷらぷら街を歩いてると

本当は仕事関係の本を探したかったのに

気付いたら小説2冊、仕事とは関係ない自己啓発的な本を1冊

買ってしまった。

普段ほぼ本は読まないし、今は本を読む時間も作れる見通しないのに

1冊ならまだしも一気に3冊なんて…。

何なら、家にまだ読みかけの小説がある。(3分の2以上未読)

全部面白そうな内容の本だったんだけど

果たして読み切れる日が来るのか。

 

誕生日の高揚感はそこで終わらない。

そこから服屋さんに行って

同じようなブラウスを3枚も買いそうになる。

待て待て待て。

よく見たら1枚はまだ値下がりしてないし

もう1枚は私の今持ってる服と合わせにくいじゃないか。

心を落ち着かせて1枚だけにしました。

よくやった、私。

 

これで終わりかと思いきや、突然のひらめき。

そうだ。上司に教えてもらったフルーツ屋さんに行ってみよう。

上司のおすすめはミルクレープ。

だが、そこで気付く。私はそもそもフルーツはそこまで好きじゃない。

誰かと一緒なら勢いで入って食べられるんだけど

1人で、まして誕生日の昼食代わりに

わざわざ食べたいとも思わない。

でも、誕生日は1人で過ごすことになってたので

ささやかなケーキは買いたいなと思っていたから

ミルクレープじゃなくて、ティラミスを買って帰ることに。

ここでも少額ながらお金を落としました。チャリーン。

 

まあ、これで家帰ったら気持ちも落ち着いてきて

いつもの休日通りブログ書いたりドラマ見たり家の用事片づけたりして

過ごせるようになったんだけど。よかった。

何だかちょっとだけ気分が高揚してしまった1日でした。

 

 

おまけ。

30代の心がけ?目標?

・結婚できる人になりたい

・今の仕事を辞めない(ほかに拾ってくれるとこないよ)

・両親を大事にする

・タイピングも勉強も少しずつでいいから継続する

・それなりに運転できる大人になる

・健康、体力低下に気を付ける

・その時できることは、できる時に実行する

羅列すると多いな…。

さて、30代終わるまでにどれだけできているやら。

どれも今と変わってなさそうな気がするな。